派遣で自分の転職先探し【編集の仕事を発見スルンジャー】

スーツ

キャリアアップもできる

どういった職業なのか

スーツ

MRとは日本語で「医薬情報担当者」といいます。立場的には製薬メーカーの営業職のケースが多く、主な仕事は医療関係者(医師、看護師、薬剤師など)に医薬品の特性(有効性、安全性など)を伝えて自社の医薬品を処方してもらうように促す職業です。 MRの特徴としては、非常に高給取りであるということが挙げられます。20代でも年収800万円以上のケースは決して珍しくありません。さらに住宅手当なども非常に手厚く、この給与の良さが転職市場での人気にも繋がっています。 一方でMRは医薬品を通して人の命に繋がる仕事であるために、日々進歩する医療知識を勉強する姿勢が求められる仕事でもあります。したがって、勉強が得意な人・好きな人にとっては非常に魅力的な職業であると考えられます。

未経験者に市場はあるのか

では全く異なる異業種の転職希望者がMRを希望した場合、転職は可能なのでしょうか。 実際に転職サイトなどを閲覧してみると、未経験の場合でも応募可能な案件が多くあります。その際に知っておくと便利なことが、MRには2つの働き方があるということです。1つ目は医薬品メーカーの営業社員として働くケース、2つ目はMR専門の派遣会社(CSO)で働くケースです。後者の場合は、決して派遣社員ではなくCSOの正社員としてメーカーに出向します。 いずれの場合もMRのために勉強する姿勢は必要であり、医療に貢献したいという強い使命感も必要になります。ただ、未経験の場合はCSOのほうが内定が出やすいケースが多いと言われています。ぜひ、ご自身のキャリアアップのためにMRへの転職をご検討ください。